「雪の城」

画像

これも捨てられないでいた絵葉書です。
10年前に長野に行ったのはちょうど今頃雪の中でした。
善光寺の隣にある「長野県信濃美術館 東山魁夷館」は真冬ということもあり人もまばらです。広い展示場を何時間もかけてゆっくりとめぐりました。
多くの絵の中で「雪の城」というタイトルに惹かれました。

見覚えのあるシルエットの城が樹氷に囲まれています。
よく観るとこれはザルツブルクの「ホーエン・ザルツブルク城」です。

私がこの城を訪れたのはその前の年の夏でした。
あの美しい城は冬になるとこのような風景になるのだろうかと想像しました。しかしこの樹氷のはるか向こうに見える城はいったいどこから見た風景なのだろうかと少し不思議でしたがその絵の前で深くは考えませんでした。
その時買った絵葉書です。

それから数年後に何かで読みました。東山魁夷は、この城を降り積もった雪の樹間に眺めた幻想的な構図を想像で創りだしたものだということを。

下の写真はそのホーエンザルツブルク城のホールでの演奏会に行ったときに撮った開演前のホールの様子です。演奏曲はシューベルトの「ます」 城から見下ろした暮れなずむザルツブルクの街の美しかったこと!

画像



この記事へのコメント

ちぃちゃん
2008年02月02日 20:00
なんだか不思議な絵だなぁ、と見ていたら
想像の構図だったんですねぇ。
とても幻想的でステキです。
機会があったら、オリーブさんの 捨てられないでいた葉書たち、見せてくださいね。
オリーブ
2008年02月02日 23:15
ちいちゃん、
今夜も寒いですね。
こんなに寒い日はもっと寒さを感じるのもいいかもしれませんね。そんな気持でこの絵を紹介しました。雪を手前に大きく主役のお城は遠く小さく閉ざされた厳寒の「雪の城」ですね。
2008年02月05日 16:11
今の時期にピッタリの絵葉書で
構図、発想  とても面白いですね。
私も 牛に引かれて繕光寺参り~ 是非、善光寺と美術館に行きたいと思いました。 何時か 

オリーブ
2008年02月05日 18:21
暁さん、
暁さんは絵がお好きなのですね。
ここの美術館はとても広いので時間をかけてゆっくり過されることをおすすめします。ビデオを上映しているお部屋もあります。私は貸切状態でした。
何時か、ぜひに!