もうすぐ「ピアノリレーコンサート」

今年も「ピアノリレーコンサート」近づきました。
瀬戸内海にある大崎上島に素敵なコンサートホールがあります。ここにはあのスタインウェイのグランドピアノがあります。毎年1月最後の日曜日に開催される「ピアノリレーコンサート」には誰でも参加でき、スタインウェイを弾くことができます。
年齢制限なしです(笑)
私は昨年第六回ピアノリレーコンサート初めて参加しました。

幼稚園児から年配者まで昨年は67組80人の参加でした。演奏者は受けとったブーケをピアノの上に置き演奏します。演奏が終わったら次の人にブーケをリレーします。こんな風に演奏が続きます。

今年の私の演奏曲はショパンの「ワルツ嬰ハ短調作品64の2」です。
なんということでしょう!!プログラムが送られてきて初めて知ることですが私の3番前に同じ曲を演奏する人がいました。


画像

写真は昨年演奏した「幻想曲さくらさくら」の楽譜とご褒美にいただいたお花
(楽譜は持って出ません、もちろん暗譜です)




この記事へのコメント

2009年01月19日 20:32
素敵な企画の演奏会ですね。
ブーケをリレーしていくなんてなんておしゃれなんでしょう。
ショパンは大好きな作曲家。
近かったら聴かせていただくのに・・残念(;一_一)
すでに暗譜も完璧?すばらしい演奏が出来ますように
とお祈りいたします。
2009年01月20日 08:48
オリーブさん、おはようございます。
去年もピアノリレーコンサートの記事を読んで羨ましく、また素敵な催しだと感心しておりました。今年も参加されるのですね。近かったら聴きに行くのですが、それもちょっと無理なので遠くからご成功をお祈りしております。
ところでこのショパンのワルツ嬰ハ短調作品64の2というのがどんな曲か?と思い、Youtubeで検索して聴いてみたら、私が10年ほど前にピアノを再び習いだして挫折した曲でした(泣)ショパンは聴くのは好きなんですが、弾くのは苦手で…ついでにワルツも苦手で…いえ、得意なものも特にないんですが…微妙な記憶が蘇ってしまいました ^ ^;
オリーブ
2009年01月20日 17:49
あっこちゃん、こんばんわ。
ショパンのピアノ曲は上手、下手は別にして内面を表現できるのは大人でしょうね。ベートーヴェのピアノ曲も好きですが学生のテクニックにはかないません。
暗譜はあとひといきです。いつも同じ部分を間違っています。
暗譜の理由は老眼鏡にもあります(苦笑)メガネをかけると楽譜はよく見えても鍵盤が曲がって見えるのですよ~
オリーブ
2009年01月20日 17:56
薫の君さん、こんばんわ。
昨年の記事にもコメントいただきましてありがとうございました。
プログラムは子供から大人まで、初級から上級まで様々です。そこが面白いのですが…とはいってもやはり順番待ちは辛いものがあります。
薫の君さん、今からでも決して遅くはありませんからピアノの再会(再再会?)をおすすめします。ワルツが苦手ならノクターンをどうぞ!
楽器は言葉のない表現手段です。
とんちゃん
2009年01月20日 19:06
素敵ですね
昔、ショパンが弾けるようになりたいと頑張った時期もありましたが… とてもとても
スタインウェイのピアノでリレー演奏…
どうか想いどうりの素敵な演奏ができますようお祈りします。
2009年01月20日 19:49
昨年に引き続きコンサートに出場されるのですね・・素晴らしい事です・・そして羨ましいです(^^ゞでも何も出来ませんが・・。(笑)

聞くのは好きで時折コンサートに出かけますが、全くの素人です・・。(^^ゞ

オリーブさんの思いの演奏が出来ます様に・・(^o^)丿
オリーブ
2009年01月20日 21:08
とんちゃん、こんばんわ。
初めての演奏会は20年以上も前、ショパンのノクターン9-2(愛情物語)でした。大人になってから再開したピアノでしたので「私がショパンを弾いている!」と自分で感動しました。このコンサートは「スタインウェイを弾いている!」と喜びながら弾きたいものです。応援ありがとうございます。
オリーブ
2009年01月20日 21:18
じょうじさん、こんばんわ。
昨年もコメントいただきましたね。ありがとうございます。
随分前から大人のピアノ教室が増えています。退職後の趣味として男性もけっこういらっしゃいますよ。じょうじさんもいかがでしょう。

本番では思いを込めて演奏してきます!