津軽のふるさと・・♪





これは3月22日のブログで紹介いたしました「大人のためのハートフルコンサート」のプログラムの中の一曲です。
ピアノ伴奏はご主人で独唱は奥様。
伴奏の編曲はご主人の友人のK氏です。
脳梗塞のリハビリのためにピアノレッスンを始められたご主人。コンサートに出演するご主人を心配そうに見守っていらっしゃった奥様ですが前回、ご主人のピアノ伴奏に独唱「アメージング・グレイス」で出演されました。伴奏するご主人を、ご自分は歌いながらも心配そうに思いやられる姿がとても素敵でした。
今回は「津軽のふるさと」で二度目の共演。
寂寥感の漂う津軽の海を感情豊かに歌い上げています。
お二人の雰囲気がとてもステキ、映像をお見せできないのが残念ですがどうぞお聴き下さい。

K氏はご自身でもショパンの「エオリアンハープ」を演奏されました。


(ICレコーダで私が録音しましたので録音状態がよくありません・・・)





この記事へのコメント

2009年05月26日 22:03
ピアノ伴奏はご主人で独唱は奥様^^
なんて、素敵なんでしょう~!!!
本当に素晴らしいですね♪
Chie
2009年05月26日 22:19
オリーブさん、こんばんは!
ご無沙汰してごめんなさいね~。
でも 相変わらずの素敵な日記と写真、
とても心が 和みます。
きょうの 日記も一層、心温まりますね。
リハビリのご主人のピアノと ご主人をいつも支えていらっしゃる奥さんの 澄みきった歌声。。。
「津軽のふるさと」は美空ひばりさんの歌ですね。
ひばりさんとは また違った趣があり、とてもお上手ですよね。
「アメージンググレイス」も 是非聞かせていただきたいです。

ICレコーダーの録音、とてもきれいに録れてると思いますよ。
オリーブさん、過日は 私の歌も録音してくれ、CDを作ってくださいましたね。
いい思い出になっています
どうもありがとう~(^o^) 
そのうち、オリーブさんの弾かれるショパンも
このブログで聴かせていただけたら、
いいですね~(^_-)-☆



2009年05月26日 23:21
奥様の声に優しさがあふれていますね。リハビリを乗り越えて、ご主人も素晴らしい!あたたかい気持ちになりました。ありがとうございます!
HT
2009年05月27日 00:27
こんばんは。
いいお話ですね。Kさんご夫妻素敵ですね。
こんな人生良いなーって羨ましくなります。
ピアノや独唱の上手下手なんか関係ないです。
いいものを聴かせていただきました。
そしてお話も…ありがとうございました。
えいこ
2009年05月27日 09:28
おはようございます。朝起きて、まず貴女のブログを開くのが楽しみな日課になっています。再びあの感動を味あわせていただきました。当日あの場でお二人を目にしながら聞かせていただいた時、涙がでてきました。素晴しいご夫婦そして感動を下さった演奏に、改めて拍手をお送りします。
とん子
2009年05月27日 14:37
色んな苦労を乗り越えてお二人力合わせてのの・・聴いてt胸が熱くなりました。

これからもお元気で頑張れますように!!オリーブさんのお知り合いなんですか??
生でお聴きしたかったです。
2009年05月27日 20:04
素敵なご夫婦の素敵なデュエット。
奥様のお声の透き通るような響き。
本当にライブで聴いてみたかったですね。
そして、『アメージング・グレース』も是非聴かせていただきたかったなぁ・・・(#^.^#)

こんな素敵な瞬間(とき)がご夫婦で過ごせるなんて・・・どんなに苦しかっただろうリハビリも報われますね。
naruda
2009年05月27日 20:38
オリーブさん~こんばんは
御夫婦の演奏と独唱、素晴しかったです。
感動しました。これからも頑張っていただきたいです
。映像以外に曲も聞けるなんて色々工夫されてるのですね。今度はオリーブさんのピアノ演奏も聞かせてくださいね。
オリーブ
2009年05月27日 21:11
pekoさん、こんばんわ。
本当にステキなご夫妻です。
次回は何を演奏されるのかみんな楽しみにしているのですよ。
オリーブ
2009年05月27日 21:22
Chieさん、こんばんわ。
お久しぶりです。
美空ひばりさんの「津軽のふるさと」も、秋川雅史さんのもそれぞれにステキですね。
この歌は歌い手の個性でどのようにも表現できると思います。奥様は何を思って歌われたのだろうかと思います。
聴いている私は歳のせいか寂寥感に覆われます。何度聴いても飽きません。
「アメージング・グレース」機会があり、演奏者の許可が出たらUPしたいと思います。

ChieさんのCD作りましたね。そのうちに第2枚目を作りましょう!Chieさんはどんなジャンルの歌も
オリーブ
2009年05月27日 21:27
ALOHAさん、こんばんわ。
本当に優しい声ですね。透き通っていますね。
ご主人は「女房に迷惑かけないように一生懸命に練習しました」とおっしゃいました。
オリーブ
2009年05月27日 21:34
HTさん、こんばんわ。
こんな人生いいですね~。二人でひとつのものを表現できるって・・・
奥様はほんとうに表現力・歌心があると思います。ご主人はその歌に合わせてとてもいい間の取り方で伴奏されていると思いました。

K氏について私が紛らわしい書き方をしたのですみません。K氏はご主人の友人でピアノ伴奏を作られた方です。
本文を改行して書きかえてみました。
オリーブ
2009年05月27日 21:39
えいこさん、こんばんわ。
いつも見ていただいてありがとうございます。お電話で話すとき「見てくださってる」と感じることがよくあります(笑)
あの日、コンサートにいらしていただいてありがとうございました。
私もこの演奏の時ウルウルとしました。
「鉄の女」みたいな私がですよ!
オリーブ
2009年05月27日 21:48
とん子さん、こんばんわ。
この演奏を聴くと私も胸が熱くなります。
以前ブログに書いたのですが、私たちは大人だけの音楽愛好者のグループを作っています。メンバーはピアノの先生を中心に20歳代から80歳代の男女です。
演奏の良し悪しは全く言わず1年半に1度コンサートをします。これはその時の1曲でした。
会場では録音とは違った感動がありました。
オリーブ
2009年05月27日 21:55
あっこちゃん、こんばんわ。
ご夫婦で同じ舞台に立つなんて本当にステキですね。お仕事が終わってお二人で繰り返し練習されたことと思います。
あっこちゃんとこの奥様とはおそらく同じ会場にいらしたことがあると思います。そうです、コーラスのメンバーでもいらっしゃいます。
コーラスで歌うのとこのようにソロで歌うのでは発声も違うのでしょうね。
オリーブ
2009年05月27日 22:29
narudaさん、こんばんわ。
「津軽のふるさと」をこんなにしみじみと聴いたことはありませんでした。ですからこの記事の背景を随分迷いました。少し季節はずれですがハラハラと散る桜を選びました。
音声を初めてUPしてみました、知人に教わりながらです・・・
2009年05月28日 07:56
おはようございます。
何回も来て何回聞いてもダメでした。残念!
難聴がひどく、折角のピアノの旋律も奥様の
独唱も…。でも、記事や皆さんのコメントで
雰囲気はつかめました。脳梗塞のリハビリで
始めたそうで…そして発表会。いいですね。
3月22日のブログやk氏を見ますと、丁度
私がお休みをしていた時でした。
ホットなこのブログに吸い込まれています。
オリーブさんは、難しい曲に再挑戦されて
見事に成功されたそうで、頭が下がります。
これからも素晴しいピアノを弾いて下さい。
オリーブ
2009年05月28日 19:15
ころちゃんん、こんばんわ。
難聴になられたころちゃんには申し訳ない音声入りの記事ですが、それでも雰囲気を感じていただけてうれしいです。過去の記事まで読んでいただきありがとうございました。
私たちのコンサートはプロは先生方のみでほかは皆素人です。演奏よりその背景にあるものを喜んでいただいています。
私は成功はいえませんが何とかうれしい気分で終えることができました。
まだまだやってみようと思います。応援ありがとうございます。
2009年05月28日 20:55
オリーブさんのブログもバージョンアップしましたね。
 記事のお話を聞いて早速聴かせて貰いました。
ご夫妻の気遣いながらの協演’の様子が目に浮かびます・・素敵な歌声で北の地津軽の情景が浮かんできます。
素敵な音楽会ですね。(^^)
オリーブ
2009年05月28日 23:03
じょうじさん、こんばんわ。
お聴きいただきありがとうございました。
聞く人がそれぞれに津軽の情景を思い浮かべることのできる、そんな歌ですね。
北国は美しく厳しい・・・そんな情感をたっぷりと歌い、ピアノも歌を生かすように上手く間がとれていると思います。
こんな音楽会を楽しみにしてくださる方もあってありがたいです。