ショパン ノクターン遺作・・・♪





画像


スタインウェイピアノが誰でも弾けるというコンサートに今年も参加しました。(1/24)

瀬戸内海にある大崎上島文化センターで毎年開催されるこのコンサートに私は今年で3度目の参加です。
申し込めば500円の出演料で8分以内の曲を演奏することができます。
今年の私の曲は、ショパン 「ノクターン遺作嬰ハ短調」
出来ばえはイマイチ(イマニ?)でしたがこのゆったりとした悲しげな曲にいろんな思いを移入しました。
音楽ファイルは前夜に我が家のピアノで録音したものです。ミスタッチあり!
写真は昨年の写真です。


画像











この記事へのコメント

2010年01月30日 21:52
こんばんは。
オリーブさんはピアノまで弾かれるのですね。
ピアノ音色を何度も聞き返しましたよ。
千鶴
2010年01月30日 22:40
いいですね、この曲にいろんなことを込められたのですね。
私もいろんな思いをめぐらせながら聴かせていただきました。
山の中の神秘の湖を想像します。
「大人のピアノ」の記事を読ませていただきました。
私も子供の時に少しは弾いていたのですが今は全くです。
とん子
2010年01月30日 22:53
経験と言うか??発表の場所があり良かったですね??
とん子は残念ですが弾けないんです。聞くのは大好きですがね!!
HT
2010年01月31日 00:27
こんばんは。
聴かせていただきました。以前もこうしてUPされていましたですよね。凄いです。
素敵な曲ですね。私は始めて聞きました。
この曲を弾かれてきたのですか。知識がなくていけないですが「スタインウェイピアノ」は世界的に有名な高級なピアノですよね。それを弾けたら、ピアノやっている人にとってはたまらないものなのでしょうね。
2010年01月31日 13:45
拝聴しました!
素敵なショパン…♪

オリーブさんは大人になってからのピアノの先輩、
励みになります。
私はまだショパンどころではないので…
今年はショパン生誕200年なので、
企画も盛りだくさんで楽しみです。

スタインウェイピアノを使ってのコンサート
システムが素晴らしいですね。
2010年01月31日 20:19
お見事!!
しっかり拝聴しました。
人前での発表、とっても緊張しますけど・・・
それがまたとてもいい刺激になるのですよね。
オリーブさん、素適なショパンでした!!
ノクターンにこめられた様々な思い・・・聴こえたように思いました。
オリーブ
2010年01月31日 22:15
スーさん、こんばんわ。
大人になって始めたのです。最初は家にピアノがなくて近所の姪たちのピアノを留守を狙って(?)練習していました。やがて姑の応援もあって中古のグランドピアノを買いました。
未熟は承知の上でUPしました。お聴きいただいてありがとうございます。
昨年11月21日と5月26日にも音楽ファイルがありますのでお時間がありましたらお願いします。
オリーブ
2010年01月31日 22:19
千鶴さん、こんばんわ。
私も子供の頃に足踏みオルガンでバイエルを少しだけ習いました。
「うちからピアノの音が聞こえる」と姑が喜んでくれていたのですが・・・。
↑のスーさんのコメントに書きましたが過去のブログよろしかったらお願いします。
2010年01月31日 22:21
オリーブさんは多才ですね!ピアノ音色に深いものを感じました!小学生のころに習っていましたが、ギブアップ!続けていればよかったなぁ~。
オリーブ
2010年01月31日 22:21
とん子さん、こんばんわ。
そうですね、緊張してとても満足には弾けませんがやはり発表の場はあったほうがいいです。機会があったらどんどん恥を?かきたいです(笑)
オリーブ
2010年01月31日 22:25
HTさん、こんばんわ。
前回はベートーベンの「テンペスト」でした。
あれを弾いた時はまだ若かったです。
春までに「幻想曲・さくらさくら」をUPしたいと思います。
上手く弾けばきれいな曲なんですが(苦笑)
オリーブ
2010年01月31日 22:32
釉さん、こんばんわ。
拙い演奏をお聴きいただきまして(・・*)ゞ
今となってはもうベートーヴェンなど指の力がなくてショパンが一番あっています。
特にノクターンは感情移入がしやすくでリズムもさほど気にしなくていいので(・・・しなくてはいけないのですが)大人向きですね。
昨年5/26・友人夫妻の「りんごのふるさと」
11/21・「テンペスト第一楽章」
お時間がありましたらよろしくお願いします。
オリーブ
2010年01月31日 22:35
あっこちゃん、こんばんわ。
ありがとうございます。
ミスタッチが目立ってお恥ずかしい・・・
舞台は魔物・・・といつも思います。
思えばはじめての発表会が一番上手くいきました、回を重ねるたびに邪念が入って(笑)
オリーブ
2010年01月31日 22:40
ALOHAさん、こんばんわ。
私も小学生の頃にギブアップしたのです。バイエルしかやっていませんでした。
私たちの「大人のピアノ」のグループは70歳からはじめた人が二人いらっしゃいます。今はもう80歳ですがお二人ともコンサートに出演されますよ。
演奏の良し悪しではなく楽しんでいます。
ALOHAさんはまだまだお若いのですからもっと先からでもできます。
そんなピアノ教室が今繁盛しているのですよ。
2010年02月01日 11:31
難聴で聴こえないかなと思いながらも…。
再生すると完全ではないですが聴こえました。
ショパンは若いときから一番大好きでした。
CDがたくさんあるのですが…今はもうムリ。
広島の孫二人もピアノを習っていましたが。
いまはお蔵入りかな?
毎年続けて発表されるとは、いい刺激にも、
人生の大切なものを創造していくことでも
あり、夢いっぱいですね♪
2010年02月01日 13:55
「りんごのふるさと」「テンペスト第一楽章」共に
拝聴しました。
「りんご」の方は、ご夫妻で寄り添っていらっしゃる姿が目に浮かぶようでした。
「テンペスト」、オリーブさん、すごいです、力強いです!
お小さい頃はバイエルだけで、ここまで!?
「りんご」のご主人にも、オリーブさんにも、ここまでピアノが弾けるようになるんだよ、と教えられたようです。
私も楽しみながら、上達も狙います。
とりあえず、目標はショパンなんですけれど(笑)
オリーブ
2010年02月01日 22:13
ころちゃん、こんばんわ。
ごめんなさい、私はころちゃんが難聴でいらっしゃるということをいつも忘れているのです。
ころちゃんのHPの掲示板や日記を拝読しているとついつい忘れてしまうのです。
でも聴いてくださったのですね、ありがとうございます。
お二人のお孫さんのピアノ、お母様である娘さんが弾かれたら・・・お孫さんも大人になって再会されるかも知れませんしね。
オリーブ
2010年02月01日 22:18
釉さん、こんばんわ。
さっそくお聴きいただきありがとうございます。
「りんごのふるさと」を私は何度聴いてもウルウルするのです。
会場で鳥肌が立ちました。泣かない女(私のこと)が危ないところでした。
テンペストは私が練習した曲の中でも難易度の高い部類だったと思います。あと「月光」と「悲愴」も1・3楽章弾きましたがテープにとってなかったのです。今となっては残念です。
ピト
2010年02月02日 00:03
オリーブさんお久しぶりです。今日は貴女のピアノの演奏を久しぶりに聴かせていただきました。貴女のピアノは何時きいても、心を打ちますね。また素敵な曲にであいました。この曲も大好きになりました。幻想曲さくらさくらを楽しみにしていますね。貴女の弾かれる”さくら”には特別の想いがあります。
オリーブ
2010年02月02日 21:19
ピトさん、こんばんわ。
コメント久しぶりですがいつもご来訪ありがとうございます。
ピアノを一人で弾くことはプレッシャーがあって出来ばえも良かったり、悪かったり、悪かったり・・・(苦笑)でいつまで経ってもいくら練習しても満足はありません。
ピトさんにはコンサートでもいつも暖かい気持で聴いていただき感謝です。
「幻想曲さくらさくら」はクラシックではありませんが私も大好きな曲です。
2010年05月25日 20:14
ヾ(〃⌒ー⌒)ノ こんばんは♪
大人のピアノ検索からお邪魔しています。
私も、いつかこの曲弾けるようになりたいです。
すごく、素敵です
オリーブ
2010年05月31日 19:16
hiroponnさん、こんばんわ。
ようこそご来訪くださいました。
そして私の拙い演奏をお聴きくださいまして身に余るお言葉をありがとうございます。
40歳くらいから初めて途中いろんな事情で休みながら今は大人のコンサートのためにのみ?練習しているようなものです。
それでも時々昔弾いた曲を思い出しては弾いています。
hiroponnさんもブログも後ほどお伺いします。