広島県日本画協会選抜展 JUNKO

呉市立美術館で開催中の「広島県日本画協会選抜展」に
当ブログに時々登場するJUNKOさんの絵が出展されています

画像
「生 々」 100号

「生 々」はいろんな意味が想像できます

くねくねとした古木の枝を隠さんばかりに咲き乱れる桜
妖しいほどに美しく、友禅の着物をまとった女性のように見えました


画像

写真では見ることができませんが
ツンと真上に伸びた枝に緑の新芽が4・5つ描かれています
途絶えることのない生命の連鎖を物語っているのでしょうか
生き生きと輝く命を表現しているのでしょうか


画像


ケースの中に飾られていたのでフラッシュを焚くと光まで写ります
実物はもっと美しく感動的なのですが


JUNKOさんの過去の主な絵
「宙」 http://60-58.at.webry.info/201108/article_1.html

「紫陽花」 http://60-58.at.webry.info/201007/article_4.html 

「暮色」 http://60-58.at.webry.info/200907/article_7.html

「ゆれる」 http://60-58.at.webry.info/200810/article_24.html

「春の詩」 http://60-58.at.webry.info/200807/article_3.html






この記事へのコメント

2011年09月29日 23:16
オリーブさん JUNKOさんの力作、迫力ありますね~。以前の作品は穏やかで心に溶け込むような、繊細な感じだったように思いますが、「生々」と題されるだけあって力強さを感じます。
素敵なお友達ですね。
HT
2011年09月30日 00:18
こんばんは。
大きな絵なのでしょうか。写真ではよくわかりませんが大きくし不写真見ますと細かい処まで描かれているのですね。
素敵なお友達がいらして良いですね。オリーブさんは絵は描かれないのですか?。
2011年09月30日 10:08
これはまたなんと力強い絵画なのでしょうか?!
サクラの花の優しさとともに強い生命力を感じさせる
太い古木の幹。
『生々』とはまたぴったりとして素適な画題をお付けになったのですね。
2011年09月30日 10:50
「生々」とは、なんて意味深長な……
桜の幹が何だか上村松園の「焔」のように身をよじらせているように見えました。
あ~、でも新芽も描かれているのですね。
萌え出る新しい命でしょうか。
桜の花の下で感じるあの感動を久々に思い出したようです。
2011年09月30日 14:35
こんにちは~♪
素晴らしい作品ですね。
古木の満開の桜・・・
力強さの中に優しさを感じますね。
桜って不思議な力があるように思えます。
「生々」まさにお題通りの絵になってますね。
basil
2011年09月30日 22:10
幹が大胆に斜めに横切って、すごく力強くてしかも艶めかしい。素晴らしい絵ですね。
2011年10月01日 11:43
「生々」のお題
JUNKOさんはどんな
お気持ちで付けたのでしょう
フッと思ってしまいました

オリーブさんの解説で
わかったような気が致しました
(絵心が無くすみません)
千鶴
2011年10月02日 07:54
力作ですね。
桜とか藤とか椿とか、花の咲く古木は魂があるように思いますがこの桜もそのように見えます。
拡大してみたらしっかりと描かれたところとぼかしのところがあるのですね。
とん子
2011年10月02日 12:12
Jyunnkoさんは本職の方ですか??
何時も繊細な女性らしい絵が描かれて素敵です

桜が本当に見事ですね??
自分もこんな絵が描きたいな~~って思いますが??
孫より下手では仕方がないですね??
楽しませていただきました!!
2011年10月02日 20:23
お友達の絵、力強い桜ですね。
何かしら生命力を感じます。
絵心のある方が羨ましく思えます。

まさしく芸術の秋にふさわしい絵ですね。
2011年10月02日 23:41
言えてますね~~友禅をはおった女性のように見えます!そういう表現のできるオリーブさん、感性の豊かさがわかります
オリーブ
2011年10月04日 10:27
pass子さん、こんにちわ。
何故か私には絵描きの友人が多いのです。
JUNKOさんは幼馴染です。
少女のころの彼女とほとんど変わりなく可愛い人です。(ときたま天然)
でも絵を見る限りではすでに画家です。
かつてデパートの画廊にお勤めだった方が褒めてくれました。
オリーブ
2011年10月04日 10:31
HTさん、こんにちわ。
100号といいますとおよそハガキ100枚以上の大きさでなり大きい方になります。
しかもケース内に飾られていたのでより一層立派に見えますが写真は上手く採れませんでした。
私には絵描きの友人知人のが多いですね。
私は申しますと…全くです~
批評ばかりしています(苦笑)
オリーブ
2011年10月04日 10:33
あっこちゃん、こんにちわ。
「画題」って難しいのですね。
この絵に「桜」としても何の意味もないのです。
絵そのもの以上に画題には画家の哲学や思想みたいなものが反映するものと思います。
このグループ展はどの絵もその画題が素晴らしかったです。
オリーブ
2011年10月04日 10:38
釉さん、こんにちわ。
「生 々」をどう読むの?と質問したのですよ。
「せい・せい」だそうです。
「いき・いき」でもよさそうなものですがそこがやはり作家の思想ですね。
だけど観る人はどのように感じようとかまわないのですね。
生命力、命の継承、輪廻・艶めかしさ…
特に桜の絵にはそのようなものを私は感じます。
オリーブ
2011年10月04日 10:42
ゆめ吉さん、こんにちわ。
桜は不思議な木ですね。
咲いたときだけそれが桜の木だったと気づく場合が多いです。
散って葉が繁るとそれが桜だったと思いながら眺める人は少ないようです。
だからこそ、この満開の桜に人々は感動し、描き、歌をつくり、花の下で酒盛まで擦るのでしょう。あっという短い命を惜しむように。
オリーブ
2011年10月04日 10:45
basilさん、こんにちわ。
そうですね、1本の桜の木を描くには構図というものがどんなに難しいかと素人の私も思います。
basilさんが指摘のように斜めに大胆にのびた古木でこの絵のほとんどが決定されたのかもしれません。
オリーブ
2011年10月04日 10:51
まりたさん、こんにちわ。
絵心は絵の観賞になくていいものなんですって。
この絵は好きだわ~
こ風景はなんか懐かしいわ~
この果物美味しそうに描かれてるね~
なんて思いながら観るのです。
絵描き同士ならじっと見つめてそのテクニックを探ったりするのでしょうか?
私たちは素人なので気楽に観賞ができてとても良い立場です(笑)
オリーブ
2011年10月04日 11:01
千鶴さん、こんにちわ。
そうですね、桜も藤もときとして妖しい花や幹に見えます。「はなさか爺さん」とか、歌舞伎の「藤娘」などまさに花の精ですものね。
<しっかりと描かれた…ぼかした…>
彼女曰く「描きすぎてはいけない」んだそうです。
しっかり描くところと手を抜く(もっと適切な言葉があったんだけど)ところが絵にメリハリをつけるんだとか。
オリーブ
2011年10月04日 11:04
とん子さん、こんにちわ。
junkoさんはご自分の恩師だった方が亡くなったあとをついで教室で教えています。
もちろん自分の勉強も続けながら。
私は絵描きの友人が多いので絵を観る機会に恵まれていますが自分で描きたいなんて思ったことはないです(笑)
とん子さん、観るだけがいいですよ。
観て勝手な批評をして…(笑)
オリーブ
2011年10月04日 11:08
ハーモニーさん、こんにちわ。
みなさんがこの絵に生命力や力強さを感じてくださったようです。画家に伝えたいです。
芸術の秋ですね。
「芸術」もいろいろですが、これから私も絵を観たりコンサートに行ったり、また音楽イベントに出演したり…そんな機会が増えます。
オリーブ
2011年10月04日 11:10
ALOHAさん、こんにちわ。
ALOHAさんもきっと私と同じように感じてくださったのですね。
やはり古木には魂のようなもを感じてしまいます。それは日本人だからでしょうか。
だとしたら日本人でよかった~と思います。
2011年10月04日 11:50
呉のオリーブさん

ブログの中の小さなお写真から絵画の素晴らしさが伝わってきます。
古木の桜でありながら、妖艶で生命力が感じられます。
実物の絵画を拝見しましたら素晴らしく、「生々」の前から離れられなくなるでしょうね。
オリーブ
2011年10月05日 23:00
四国のオリーブさん、こんばんわ。
そうなんです、この絵の前には立ち止まる人が多くて私はうれしくなりました(^。^)
日本画ならではの透明感のなかにも立体感もあり、おっしゃるように生命を感じられる絵でした。
2011年10月06日 20:59
こんばんは。
アップして拝見しましたが、細かく描かれ
それで迫力ある素晴らしい絵ですね。
ご無沙汰していましたが、XPが突然故障し
windows7に替えやっとスタート出来ました。
オリーブ
2011年10月08日 21:47
ミズナツキさん、こんばんわ。
お久しぶりのご来訪ありがとうございます。
「XP」ついにダメになりましたか。
私も「7」にして10か月になりますが「XP」がなつかしいです。
「7」は慣れるまでやっかいでしたがなれたら使う機能は定まってきます。
でもやっぱり「XP」が好きでした(笑)