アンジェラ・アキ 熱唱


「津軽海峡冬景色」

彼女の熱唱もさることながらピアノのアレンジもセンセーショナルで

一度聴いたらもう魅せられてしまいました

(音楽ファイルは削除されました)

画像
















この記事へのコメント

HT
2011年10月10日 22:19
こんばんは。
この人「津軽海峡・冬景色」なんて歌うのですねぇ。知りませんでした。最近では「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は知っていましたが…。吃驚しました。
へえ~って云う感じで聞き入ってしまいました。
千鶴
2011年10月11日 07:05
ちょっと驚きの「津軽海峡」ですね。
石川さゆりさんはもちろんですが、アンジェラアキさんも個性的ですごいです。
ピアノ伴奏、確かに!
2011年10月11日 19:26
こんばんは~♪
CMで歌ってますよね。
意外性っていうか、これもありって感じですね。
演歌歌手が歌うのとまたひと味違ってすんなりと
耳に入って来ますね。
とん子
2011年10月12日 14:28
聞きましたよ??
凄いですね~~??

ピアノと歌がものすごくあってる感じ??
オリーブさんは弾けるからいいね??
私も子供のころ続けたら良かったな~~??って思います
孫に夢を!!
2011年10月12日 17:22
CMで聞き驚きました
憧れのピアノで歌えたら最高でしょうね
オリーブさんも弾き語り
なさるのですか
2011年10月12日 22:46
私もこのCM大好きです。
アンジェラ・アキの”津軽海峡冬景色”いいですよね。
と言うより・・・ユニク○のCMはいつもシンプルでそれでいて説得力があって見事だと思います。
”やまざきまさよし”の♪~あしたぁ、浜辺をさまよえばぁ~♪も味があって好きですよ。

アンジェラ・アキといえば京都市美術館で開催中の
ワシントンナショナルギャラりー展のイメージソングを作詞作曲して自ら歌っていましたよ。
学生時代過ごしたのがワシントンでナショナルギャラリーに通ったそうです。
2011年10月14日 00:19
色に例えれば石川さゆりのそれは赤。こちらは白でしょうか?泥臭くなくていいですね。くわしいことはわかりませんが、ピアノの旋律が走っていて、すんなりと耳に入りますね。
2011年10月14日 07:05
これっていいですよね。
初めて聴いたとき(どこでだっけ?)意外だったけど、石川さゆりとは全然違った曲になってて、はなからこの人の曲みたいと思いました。
ピアノもすごくいいです。

↓の美術館。呉って海軍さんの街って感じでおしゃれ。今年秋川雅史さんのコンサートで行った時もそう思いました。
オリーブ
2011年10月14日 20:21
HTさん、こんばんわ。
NHKで歌っていました。
ユニクロのCMも歌っています。
歌手の個性で同じ曲でも表現がずいぶん違ってきますね。どちらとも言い難いです。
このピアノ伴奏がいいなぁと思って楽譜が発売されるのを待っています。
オリーブ
2011年10月14日 20:24
千鶴さん、こんばんわ。
ピアノのみの伴奏なので歌手の表現も生きてきますね、はっとするようなアレンジが心を揺さぶります。
それにしてもアンジェラさん美しいですね。
オリーブ
2011年10月14日 20:28
ゆめ吉さん、こんばんわ。
ジャンルをこえていいものはいいですね。
石川さん情景を、アンジェラ・アキさんは心情を、それぞれ上手く歌っていらっしゃるように思いました。
オリーブ
2011年10月14日 20:30
とん子さん、こんばんわ。
こんなふうに弾き語りができたらいいですね。
楽譜が発売されるのを待っているのですが私は弾くのが精いっぱいで誰かに歌ってほしいなって思っています。
オリーブ
2011年10月14日 20:32
まりたさん、こんばんわ。
弾き語りができたらいいですね~♪
弾くか歌うかどっちがです(笑)
ユニクロのCMいいですね。だからじゃないですが今日セーター1枚買いましたよ(笑)
オリーブ
2011年10月14日 20:39
あっこちゃん、こんばんわ。
ユニクロのCMは無駄がなくて私も好きです。
実は今日ユニクロでセーター1枚買いました。
ウールで1990円→1290円
信じられません、このお値段!

そうそう、アンジェラ・アキさん、そうなんですか。彼女、聡明な雰囲気がありますね
オリーブ
2011年10月14日 20:42
ALOHAさん、こんばんわ。
そうですね~とても適確なご感想ですね。
ジャンルの違いとでもいうのでしょうか。
ピアノ伴奏も大きくものをいっていますね。
衝撃的に好きになりました。
オリーブ
2011年10月14日 20:48
basilさん、こんばんわ。
ところどころ彼女なりのアレンジがくわわって個性を出していますね。
2番の歌いだしなんかはっとしましたよ。
それに伴奏のピアノがオクターブで高音から低音におりてくるところ、引き込まれました。

呉市は静かで見どころいっぱいです。
またごゆっくりいらしてくださいね。
2011年10月15日 13:00
津軽海峡もこのようにアレンジされると演歌っぽくなく、素敵ですね♪
時々CMから流れて来ますよね。

私はこの方を「手紙・拝啓十五の君へ」で初めて知りました。
NHK合唱コンクールの課題曲にもなりましたね。
メロディ―も歌詞も素敵だったので、我がおばぁちゃんコーラスでも歌いたい!と先生に申し出たら、あなた達には無理!と却下されてしまいました(笑)
オリーブ
2011年10月15日 21:46
ハーモニーさん、こんばんわ。
以前、秋川雅史さんが「りんご追分」や「津軽のふるさと」を歌われた時も伴奏のアレンジに驚かされたものです。
それにしてもアキさん、全身すっきりとおきれいですね~
歌い方はもちろん、伴奏の影響力を感じます。

あら~、無理ですって?
年齢に似合った歌い方ってありますのにね。
2011年10月17日 23:01
山崎まさよしさんが歌っている「浜辺の歌」(?)も気になっています。なんだか詩がじ~んと来てしまいます。私は学校で浜辺の歌を歌った記憶がありません。たぶん、さらりと流した程度だったのでしょう。
この頃というか30歳過ぎてから歌の歌詞を聞いていると、詩に涙しそうになる事があります…。
オリーブ
2011年10月19日 20:38
末摘花さん、こんばんわ。
「浜辺の歌」もユニクロですね。
歌い手によってまるで違った歌に聞こえるのですね。私の年齢では
「浜辺の歌」=倍賞千恵子でした(苦笑)
詩というものは限られた数行に無限の物語を秘めているようなものだと思うことがあります。