日常がもどりました

長い年末年始の休暇が終わり日常が戻ってきました。年中休暇の私には無関係であるものの世の中の動きになんとなく翻弄されたような感があります。
孫達と過ごした時間は楽しくもありちょっと息切れでもありました。

元旦に孫達のリクエストで行った宮島は厳島神社への参拝者が神殿から桟橋近くまで並んでいて参拝は諦めざるを得ませんでした。参道を歩いたり水族館でアシカライブをみたりペンギンに触れたりして孫達は満足していました。夕方には潮がひいて現れた朱の大鳥居に多くの人が近づきその大きさを確かめていました。

画像



本土に戻り、今や全国版となった「うえの」の穴子飯を1時間待ちでいただきました。孫達は昼食とも夕食ともつかないその食事を「待ったかいがあった」なんて美味しそうに食べていました。

画像



厳島神社で初詣ができなかったので翌日は地元の神社に行きました。
ここは2年前に鳥居が新しくなりました。立派でしょ! 

画像



おまけの写真です。孫達が到着する日に届いた宅急便には着替えと宿題のプリントと20冊の英語の本が入っていました。わずか3泊、なか二日の滞在なのに…
「すぐに読めるよ」と孫息子は言うけれど
「お正月なのに…」とおばぁちゃまは思うのでありました。

画像