十三夜

画像


夜、友人に電話をかけると小さな声で「十三夜の観月のおよばれなの、ごめん」って。あ~今宵は十三夜なのか・・・

彼女は優雅に秋の夜を過ごしてるなとうらやましく思う。
せめて十三夜の月の写真でも撮ろうと庭に出ると台風一過のひんやりとした夜風に寒ささえおぼえる。

毎年のことだけどこの時期に思い出す百人一首がある。

「月見れば 千々に物こそかなしけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど」