無人駅の桜

画像


JR呉線に乗りました。ここは幸崎駅、かつては桜の大木がホーム脇にたくさんありました。

満開の頃は桜の向うに青い海が見え、電車が停車している短い時間のお花見でしたがそれは美しかったのです。

古木が危険だという理由で切り倒されたのはいつだったかしら、寂しい無人駅に残された小さな木は手入れもされないまま少しずつ大きくなり雑草に絡まれながらも懸命に花をつけていました。

愛でる人もいないのに・・・