孫の書が入選して

画像


小6の孫の書が入選して上野の美術館に展示されたそうです。詠み人は知りませんが小さな蝶が一羽激しい渦潮に吸い込まれそうな情景かと思います。

茫洋たる海原と小さな生命のアンバランスなそれでいて力強さも感じます。(私の勝手な解釈)
蝶はあの薄い羽で信州から沖縄まで飛んでいったという話を思い出しました。