レオナルド×ミケランジェロ展

画像

短い東京滞在の中、ぜひ観ておきたかった展覧会『レオナルド×ミケランジェロ展』(三菱一号館美術館)

23才の年の差ながら「宿命のライバル」といわれてきた二人の素描の比較、表現方法としての絵画と彫刻の観点から迫っています。
レオナルド「平らなものを立体的に見せることできる点で画家より彫刻家が上だ」。
ミケランジェロ「画家は絵画より彫刻をおろそかにしてはいけないし、彫刻家は彫刻より絵画をおろそかにしてはいけない」等々興味深いコメントも多く残しています。華やかな絵画展ではないけれど興味をそそられるものでした。