「玉虫と十一の掌篇小説」 小池真理子

画像


小池真理子氏の本を初めて読みました。短編より短い掌篇小説。

全編をとおして名前のない男と女のそれぞれの閉ざされた恋。堕ちて、朽ちて、老いて、腐敗の気配すらする。物悲しさが残る。