テーマ:

世間はお盆休暇だけど

門の周りに植えたリュウノヒゲという強い植物の間に、こんな可憐なユリが一輪咲きました。これもきっと小鳥が運んできたのでしょう。 世間ではお盆休暇で人々の大移動が始まりました。 私にとっては明日から5日間もフィットネスジムがお休みであるということが問題で…(笑) いかに暮らそうかと考えています。 そのうち明日は友人の山の家へ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホラー?!

昨夜、戸締りを確かめようとしてカーテンを開けてびっくり! 誰かが立っている!って恐怖だったわ。 よく見ると白い長靴。 これは夫が菜園ではいたもの。 もう~っ!どうしてこんな場所に脱ぐのよっ!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱蒼とした庭だけど

鬱蒼とした庭ですがこの緑のおかげで我が家は涼しいと思っています。 夏に剪定をしていただくと確かに見た目すっきりと風通しもよさそうですが、それはすなわち暑い外気を家の中に運んでくることに気付き、数年前からこんな状態にしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅を天日干しに

粗塩と氷砂糖で漬け込んでいた梅を今日から3日間天日干しにします。 そういえば昔、うちに猫を飼っていた頃… 熱帯夜にこの梅の上で猫がねそべって涼をとっているのを目撃! きゃー、なんてことを! 夜露でひんやりとして、さぞかし気持ちよかったのでしょう。 うちの猫はもういないけど野良猫もいるし夜は家の中に入れます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤むしろ

例年ならゴールデンウィークが終わる頃にお部屋を夏っぽくするのに 今年は梅雨があけてもまだ手付かず… 先日来客があるのであわててパキスタン絨毯から藤むしろにかえた。 こういうきっかけがないとなかなか動き出せないありさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の雷鳴で

深夜の雷鳴で目覚めた。それはずいぶん長いあいだ続いたため夜明けまで眠れなかった。 きちんと閉めてなかったカーテンの隙間からすさまじい稲光がひっきりなしに寝室に差し込むのも目障りだった。 何時間続いたのだろうか。 停電のため朝食も冷たいものばかりですませた。 買い物に行く途中で電気工事の物々しいトラックからクレーンでゴンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天日干しを待つ梅

6月14日にUPした梅です。 粗塩と氷砂糖でホーロー容器に漬け込んで今こんな感じです。 梅雨が明けて天日干しにするまでカビないよう毎日見張っています。 空気にふれてる部分からカビつきます。 なのでその部分に梅酢をかぶせるように時々揺すります。 梅干が好きなわけでもないのにこの作業が好きなんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かき氷

フィットネスジムでいっぱい汗をかいたあと、向かったさきは… デパートのティールーム、そしていただいたのは 抹茶、ミルク、あずき、白玉団子、バニラアイスのかき氷 ひと夏に1回はコレをいただきます もう、いつ夏が終わってもいいわ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉の思い出の絵皿

時があまりにも速く過ぎてゆきます。色づいたのはついこの前だった紫陽花、もう色あせてきました。 ずいぶん前のことだけど、ちょうど今頃、友人と鎌倉に3日間の旅をしました。紫陽花の名所といわれるお寺なども巡りました。 旅の記念など買わない私ですが小さなお店で見つけたこの紫陽花の絵皿になぜか目が留まりました。毎年梅雨になるとこのお皿を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏椿

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり  沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす 今年も私の庭に沙羅双樹(別名・夏椿)が咲きました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤモリ

ヤモリって意外と可愛い~ でも、お嫌いな人はスルーしてください。 どこから忍び込んだかヤモリ。 改めてよく見ると意外と可愛いではありませんか。 おめめはパッチリ、手足の指は細く長く、赤いマニュキアをしていますよ。 飼い猫が何匹もいた頃、夏になるとしょっちゅう彼らは 「お母さんお土産よ!」と得意げにヤモリを咥え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐の前の・・・?

午前10時の写真です 木の枝や葉は、そよともしていません 雨は少し降っています 台風12号が四国や中国地方にまもなく上陸するそうですが 今のところこんな感じです 全くといってよいほど無風状態 昨夜はかなり吹きまくったのであれが台風だったと思うのですが… これから再び大荒れになるのでしょうか ご…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ミスターベースマン

この道を走るときは必ず立ち寄る海辺の小高い丘にあるカフェです 夏の暑い日も、雨の日も、風の日も このワイヤーで作られたベーシストはいつもこの場所で演奏しています とても渋い顔で… 大きな楽器にもかかわらず決して主役になることはなく 常に低く太い音でメロディーやリズムを支えます   …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

スカート2枚買いました

スカート2枚買いました  なんと半額! 黒白のプリントは 「レリアン」 コットン100% カラフルなプリントは 「コシノ ヒロコ」 ポリエステル100% コシノのスカートはウェスト部分がニットのリブ網になっていてとても楽 私の洋服は無地のモノトーンがほとんど なのでこの少々派手なプリントのスカート2枚で …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

濃い緑の中で

例年ならば今の時期この庭は木々の剪定が終わって 見通しも風通しもよくさっぱりとしているはず  しかし今年はこのとおり向こうが見えないくらい繁っています 家にいても何となく涼しいと思うのはこの繁った緑のおかげかしら 確かに風通しは悪いかもしれないけれど グリーンカーテンや屋上庭園のように この繁った葉は地面に日…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ミラーレースカーテン

夏を涼しく過ごす方法のひとつとして家じゅうのレースカーテンを 遮熱レース (ミラーレース) に変えました  ミラーレースってご存知ですか  一見普通のレースのカーテンですが 太陽光線を反射させることで室内の温度上昇を軽減します 日中の部屋の採光は普通通り保ちつつ 裏面 (ガラスに接する面) が鏡のように光るので室内は見え…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ユニクロで

中国地方も一部を除いて梅雨明けしたもようです  家の中でいかに涼しく過ごそうかとあれこれ工夫をしています  ユニクロで涼しげなものはないかと物色していたら こんなものが目につきました トップ…500円 ボトム・・・690円 家に帰りさっそく着てみると…涼しいのなんの! それに (自分で言うのもなんですが) 結構似…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

夏の終わりに

幼児の小さな手元からしゅるしゅると流れ落ちる細い炎   まるでゆく夏を惜しむかのようなはかなさ 日中の暑さはまだまだ真夏並ですが朝夕はかすかな秋  道端で花火をしている親子がありました 夜空にパッと咲く色とりどりの打ち上げ花火も 爆音とともに水面を染める仕掛け花火も それは間違いなく華やか…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

市営プールにて

前日は平和公園であまりの暑さに熱中症一歩手前の私、そうはいっても孫達にとっては短い広島の夏休み、ぶっ倒れてはいられません。 彼らの希望で昨年も行った市営プールに今年はお弁当を持って行きました。  せっかく瀬戸内海に来たのに海がいいでしょうと思いきや、「台風の余波がある」とか「くらげが怖い」とかで海は行きたくないそうです。美しい海…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

夏休み

息子が成人し夫が現役を退き「夏休み」という言葉が縁遠くなっていました  が、孫息子が小学生になったその夏から我が家にも数日間の「夏休み」が復活 彼が1~3年生までは一人で、昨年から妹と二人でくるようになりました これが我が家の「夏休み」です スタッフに伴われて到着ロビーにあらわれたちぃちゃん 私を見つけてにっこり …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

帰路の楽しみ 海辺のカフェ

実家からの帰路の楽しみは海岸線のちょっとした高台にあるカフェです  運転に疲れて睡魔が襲うのを避けるためにも必ずここに寄ります  真夏の午後の海の色、一人で珈琲を飲みながら・・・    左の男性の頭の上は寝ぐせの髪じゃありませんよ 大きくしてみてください、ベースを弾いています 潮風を感じながらお茶や食事ができ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

実家は今

私はここで生まれ育ちました  両親、祖父母、姉・妹・弟のほかに出入りの人たちも家の隅々に記憶があります   今は住む人もいない実家に帰るたびに写真を撮るようになりました あれほど賑やかだった幼いの頃の家が帰るたびに寂しく思えるから  剪定が終わったばかりの植木、そのあちこちに子供の私達がみえます 夏の日、私たちは場所…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

空蝉

車で片道2時間、今日は実家の墓参りに行きました  お墓参りを縁に姉と妹と弟と私が1年に1度揃う日でもあります ご近所の方のご好意できれいに掃除されたお墓にお参りして 山道を歩いていると夏草の中にあざみが、あ、空蝉も・・・ うつせみ・・・なんと寂しい響きでしょうか 季語は明らかに夏であるはずなのになぜか近くに秋を…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

剪定後

剪定、昨日終わりました 夕日に照らされた庭です 実は門の横にわりと大きな松の木があったのですが  数年前に松喰い虫(と私は思うのですが)にやられてあっという間に枯れました この松の木1本の剪定に植木屋さんが一日中かかっていたのでした かわいそうだけど私にとって金銭的負担が軽減されたことは確か・・・   庭の中央にも横に伸…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

剪定前

突然植木屋さんがきました  一人でははかどらず明日は数人が来て一気に終わらせるそうです  お出かけの予定でしたが取りやめてお接待します   家が見えないほど枝がのびましたがこれが明日にはすっきりとします 夫が退職するまでは年2回の剪定をお願いしていたのですが 年金生活になって1回がせいいっぱいです …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ニッコウキスゲ?

毎年 忘れられた庭の隅のかたい土から芽を出し 雨に打たれながらたくさんの花を咲かせます    「ニッコウキスゲ」でしょうか 下さった方がそうおっしゃってたのですが   でも一本の茎から5~6輪の花が咲きます 違うような気もするし  カンゾウ、エゾキスゲ、ムサシノキスゲ、ユウスゲなどの近縁種かも …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

沙羅双樹の花の色?

裏庭に今年も夏椿(別名・沙羅樹)が咲き始めました  ・・・この夏椿・・・ 「平家物語」に出てくる沙羅双樹だと思い込んでいたころもあるのですが 全く別物だと知ったときは夢破れたような気持でした これ以上に白い花はないだろうと思われるほどに純白 しかもその花びらはうす~く 雨でも降ろうものならその花びらい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

毛虫が・・・

ある朝、両腕にかゆみが・・・ みるみるうちに赤みが広がりかゆくてかゆくて我慢できないほど。運悪くその日は病院が休診、一日中かゆみに耐えて、いえ、耐えられなくてかきむしって、ついに私のか細い腕(←大嘘)は足のように太くなって(←ほんと)しまいました。 翌日皮膚科で受診、先生は毛虫だろうとおっしゃいました。 だけど噛まれた(刺され…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more