テーマ:東日本大震災

2年間続けたこと

あの日から2年が過ぎました。 遠く離れて何事もなかったように暮らす私ですが毎日のようにその地に心を寄せています。 私がかようフィットネスジムのカウンターに今もおかれているスタッフさん手作りの募金箱へ1日わずか100円ですが入れ続けました。入れるときの小さな音に復興という大きな望みをかけてこれからも続けます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンコイン募金を1年間、これからも

東日本大震災が起きたあの日も私はジムにいました スタジオレッスンを終えてフロアに出てきたとき  全てのテレビモニターに映し出されていたあの光景、  それが現実であることを、しばし誰もが理解できかねていました その日から2~3日過ぎたころ ジムのフロントにスタッフさんの手作りの募金箱が設置されました 私はその日から毎日ワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の終りに

年が明けて二カ月余りのあのから日本中が悲しみと不安に陥ってしまました。 その悲しみも不安も何ひとつ解決されないまま新年を迎えざるを得ない被災地の方々を思うと、こうして暖かくのんびりと新年を迎える自分が申し訳ない気持ちになってしまいます。 地震、津波に加えて放射能という目に見えないものに侵された理不尽な現状。 とはいうものの、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄付金付き切手

久しぶりに郵便局に行ったらこんな切手がありました 東日本大震災寄付金切手です 1シートにつき200円の寄付です 私は切手は美しいのを使うことにしています(関連記事)
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

携帯電話機を被災地の人へ

私はこの小さなSAMSUNGのワンセグがとても気に入っています  スライドしてオープンしてもこの小ささ、これでテレビも鮮明に映ります これを入手したときの記事はこちらです もう4年目に入りましたが今も捨てがたく、先日故障を修理したばかりです 修理済みのケイタイを受け取りに行ったときのこと 「使用して…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

林真理子さんのブログ

私は林真理子さんのブログが大好きで毎日見ています。ちょっとピンボケの写真(失礼!)と2,3行の短文、たったそれだけなのですがなんだか惹かれます このたびの地震のことではとても心を痛めておられました。ところがいつもの口調で書かれた記事が不適切と読者からのお叱りの声、すぐにその記事を削除し、反省とお詫びの記事にかわりました。 真…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

買えるものを食べて…

東北地方の被災地のことを思うと不平不満は言えないはずですが、それでもテレビで目にする東京の暮らしはさぞかし大変だろうと思いつつ、私は息子たちに食料・日用品の何ひとつ送りませんでした。 当初ここ広島県からも宅急便が殺到し、東京への荷物は受け付けはするものの、10日はかかるとのことでした。 東京で一度に米やカップ麺やトイレットペーパ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

チェーンメール

あれは地震から3日後のこと、親しい友人から届いたメール。 「関西電力で働く友人からのメールです・・・略…被災地に電力を送るために少しでも節電を・・・略」、そして最後に 「このメールをできるだけ多くの人に転送してください」とありました。そう、チェーンメールです。 節電そのものは地震でなくとも大切なこと、常に心がけてはいるものの、さ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

様々に思うこと

あれから6日が過ぎました。平穏に暮らしていた多くの人々を襲った地震と津波の傷跡はあまりに大きく、遠く離れて普通の時間を過ごしていることが申し訳ないような気持ちでおります。 あれほどの被害だったにもかかわらず人々は秩序を乱すことなく冷静に耐えていらっしゃいます。ほんとうに胸が痛み、頭が下がります。 このことは海外メディアでも驚きと…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more