テーマ:家族

母の日

息子からの母の日のプレゼントは高校生の頃から毎年お花だった。 今は遠く東京のお花屋さんから大きな箱で届く。どんなに大切に届けられても私が大切に飾っても花の命は短くて。密かに「花より団子よね」と可愛くないことを思っていたら今日和菓子が届いた。まさか❗聞こえてはいないわよね‼️ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千裕の書

中1の孫からのライン「先月出品した作品が本に載った!」そうです。 「あと、漢字半紙が七段に上がって、かな半紙が1級に上がって、新和様が2級に上がって、ペンが五段に上がった」そのシステムはよくわからないけどきっと自慢できることなんでしょう(笑) みんな個性的で上手いわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千裕書

ほんとにばばバカですが… 千裕(中2)の書です。何とか解読したいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝って兜の緒を締めよ 千裕かく

中2の孫の書です。細い体で筆を運ぶ姿を想像し力強いなぁ〜と思うのです。 お習字を始めた頃夫は高価な熊野筆を買ってやりました。ところが先生から「子供が使うものではありません」と使用を止められたとか…。あの筆は今どうしてるのかしら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日

母の日、東京から届いたお花。そういえば息子のプレゼントは子供の頃から花だった。 独身の頃 同居しているにもかかわらずある時期から宅急便で届くようになった。若さ特有の照れだったのか(^^ゞ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oakley

今日は若い男性?とデートしてこれらを買ってあげました。 帰宅するとTVでプロ野球やってて選手が同じスポーツサングラスをかけていました。私は知らなかったけど今人気のOakleyなんですって。 腕時計はカスタマイズできるKnot。おしゃれなベルトが揃っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uターン

息子と孫が昨日午後にUターンしました。 シーツをとり外し きれいにたたまれた寝具。普段からやっているのかな?と姑は勘ぐるのであります(笑) (センター試験をひかえた兄とママは帰省できず…)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書(…読めない)

LINEで送ってきた孫(中1)の書です。無造作に張られていますが美しい字だとおばぁちゃまバカは思います。 ところが読めない(涙)。パパにたずねたら「千裕にきいてみます」と。しかし千裕も「難しくて忘れた」ですって。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨てられないものもある

先日34年分の手帳を棄てた。しかし息子家族からの手紙はさすがに捨てられない、¨捨て摩¨の私であっても。 息子が大学生のころ、就職して赴任先から、婚約、結婚、子供の誕生、成長、私たちへのプレゼントに添えて、折りにふれ届いた手紙。ラインでのやり取りが増えた今はたまに孫から届く程度になったけど、これらは残しておきましょう。私がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「敗」

孫の書です。この字を選んだ理由が書の下に添えられています。 「"敗"という字には失敗する、戦いに敗れるなどあまり良いイメージはないが私は失敗したり敗れたりしたからこそ学べるものが多かった。この六年間『敗』にきたえられている気がした。千裕」 千裕はもうすぐ日本女子大附属豊明小学校を卒業します。このままいけば中学.高校.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の書が入選して

小6の孫の書が入選して上野の美術館に展示されたそうです。詠み人は知りませんが小さな蝶が一羽激しい渦潮に吸い込まれそうな情景かと思います。 茫洋たる海原と小さな生命のアンバランスなそれでいて力強さも感じます。(私の勝手な解釈) 蝶はあの薄い羽で信州から沖縄まで飛んでいったという話を思い出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千裕書(酉」

まもなく明ける酉年の色紙は孫の千裕(豊明小学校6年生)の書です。 自分も書道をやってる夫が「負けた」と申しております。難しい隷書をバランスよく書いていると素人の私でも思います。おばあちぁまバカです!(^^)!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学旅行からの便り

修学旅行中の小6の孫娘から金閣寺の絵ハガキが届きました。きれいな字だなぁとおばぁちゃまバカは思うのであります。 小学校の修学旅行でも3泊4日もするのか...とそれも驚きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カープ優勝

カープ優勝おめでとうございます。 私も嬉しすぎます\(^-^)/ 我が家にあるカープグッズ、息子のか孫のものか。 なんでも捨ててしまう私だけどずっと捨てられなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆休みの前に

クレイトンベイホテルのカフェテラスでアフタヌーンティー。 暇さえあればジムで過ごしていますがそれも明日からお盆休みに入ります。しばらく会えないジム友とゆっくりとお茶して帰りました。 私が嫁いできた頃はお盆といえば親戚中が本家であるうちに集まって宴会をしていました。多いときは30人も。姑は気前の良い人でお料理もとってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両親の名前が…

夫の持ち物の整理を始めました。そのなかの大学同窓名簿に私の両親の名前を見つけました。 飯田シゲコ(旧姓 高崎)、飯田護 生きていたなら100歳を過ぎている私の両親と夫は広大教育学部の同窓生です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひなまつり

♪・・着物を着がえて帯び締めて、今日は私の晴れ姿、春の弥生のこの良き日、何より嬉しい雛祭・・♪ 「うれしいひなまつり」の4番の歌詞です。 写真のブサイクな少女は六十数年前の私です。歌詞のとおりこの日ばかりはおてんばな少女も着物をきせてもらい雛飾りの前で母と姉が作ったご馳走を食べたものです。これがいつ頃まで続いたか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uターン

大晦日に帰省した息子家族が今日昼過ぎにUターンしました。 きれいにたたまれたふとんや冷蔵庫に残った彼らの好物である食材をみると少し寂しくなります。 が、何はともあれ晴れて無罪放免になった解放感もあったりして\(^-^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本テレビ賞~

ばばバカですが…日本テレビ賞ですって! 千裕は書道が趣味の夫に似たのかしら… 数年前に広島県特産「熊野筆」をおじいちゃまからもらって喜んでいたわ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常がもどりました

長い年末年始の休暇が終わり日常が戻ってきました。年中休暇の私には無関係であるものの世の中の動きになんとなく翻弄されたような感があります。 孫達と過ごした時間は楽しくもありちょっと息切れでもありました。 元旦に孫達のリクエストで行った宮島は厳島神社への参拝者が神殿から桟橋近くまで並んでいて参拝は諦めざるを得ませんでした。参道を歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完熟ミニトマト

ミニトマト二種 完熟  はやく食べたいんだけど夫の許可が… facebookにUPしたら 「食べたもん勝ち」とか 「だんなには事後承諾で食べちゃえ」とか… 勇気100倍のコメントが(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母は…

「母の日」のついでに母の思い出です。 母は小学校の教師でした。季節ごとの行事をきちんと行う人でした。 大晦日は早朝から三日分のおせち料理を整え新年を迎え、七草の日はありあわせの野菜で七草粥らしきもの、節分には古い一升に煎った大豆、お雛祭はちらし寿司や果物・菓子の盛り合わせなどが五段飾りのお雛様の前に並んでいた。弟の端午の節句は空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日の思い出

若くして亡くなった実母との思い出はあまりないけれど母の日のことを久しぶりに思い出しました。 今のように華やかなプレゼントが氾濫している時代ではなく、ましてや田舎に暮らす私達、たいしたことはしなくても毎年私達の「母の日」がありました。 歳の離れた姉は別として妹と弟と3人でお小使いをだしあって材料を買って色とりどりのサンドイッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日

今日はどちら様のブログもフェイスブックも母の日~ さて、うちは~ 別に待つわけでもないけれどやっぱり届くと嬉しいもの それがなんであれ私のことを忘れず思っててくれたんだなという証 息子と嫁の連名で添えられた文面は気恥ずかしいので…割愛 息子が独身で広島支店勤務の時代、私達と同居していたにもかかわらず毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は夢と希望の季節です。その意味を理解し得ない子供達もなんとなくそんな春を笑顔で受け止めています。 さて、「夢」って・・・将来実現可能な願い、空想的な願望、はかないもののたとえ、睡眠中の幻覚、様々な意味があります。 私にはもうすでに睡眠中の夢しか残されていない(苦笑)  その睡眠中の「夢」すらめったに見ないような気がします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プレジデントFamily」

いまどき、こんな雑誌があるのですね。 「Hの学校(都立桜修館中高等学校)が載っています」と嫁からメールがきて早速購入したのが「プレジデント ファミリー」。 6年前に都立大学付属高校から中高一貫校として再出発をした桜修館、この春卒業一期生の大学受験の結果はおおかたの予想をこえ、難関大学進学率は36%に達したと書かれています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレー発表会

今回の上京の目的はこれでした 衣装を変えて5曲を踊りましたがそのひとこまです 先輩の美しい踊り(男性はプロのバレリーナ) 出演者全員によるフィナーレ ちひろは隅っこです、いつかきっと中央で・・・! 2年前の初舞台 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこで産まれたの?

春休みに孫たちが来たときに、孫息子からこんな質問をされました。 「おばあちゃまはどこで産まれたの?」 「広島県よ、いつか一緒に行ったでしょ、田舎へ、でもどうしたの?」 「うん、ちっともなまりがないからさ。おじいちゃまは広島弁で話すのに」 「おばあちゃまはね、広島弁と標準語を使い分けるのよ」 「ふ~ん、そうなんだ~」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫のつぶやき(ピアノ)

最近の夫のつぶやきはきっとこんなものでしょう。 女房のやつ、近々ピアノ発表会でもあるらしい。 同じ曲を毎日飽きもせず暇さえあれば弾いている。朝だろうが夜だろうがお構いもなく弾いている。 うちは防音装置があるわけではないのに、近所迷惑なことだ。 それにしてもご近所さんのなんとご理解のあることか! ある日を境に突然ピアノが鳴ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more